安心の保証人

安心の保証人 / ロゴ

連帯保証人の相続することになる

連帯保証人というのは、相続をするときにそれも譲り受けることになります。つまりは、遺産を残した人が連帯保証人になっていた場合、もし相続するのであれば、その立場も一緒に譲り受けることになるわけです。そこがかなりのデメリットになりますから、よく覚えておくべきです。ちなみに知らなかった、と言うのが通用する世界でもあります。知らないのに相続してしまった場合は、三ヶ月以内に申し出て、放棄ができます。どんなことにもいえるのですが、基本的には連帯保証人というのは、ならないほうがよいです。しかし、どうしてもなってしまうときがありますし、義理的に仕方ない場合もあります。ですが、その立場も一緒に子々孫々に受け継がれる、ということは理解しておくべきなのです。適当に決めて良いことではありませんし、それこそ、一家の人生を決めてしまうときもあるのです。そうしたことを頭に入れて、行動しないといけないのが保証人というものなのです。

連帯保証人と相続の関係

相続にまつわる話題が大きく盛り上がりを見せているのは、高齢化社会の到来が背景にあることを忘れてはいけないといえます。故人に借金などがある場合には、放棄の手続きを行わない限りは、相続人に借金の支払い義務が生じてきます。このことについては、法律上の観点からも以前からいわれていることでありますが、後々において、トラブルになるケースも多いとされています。そんな中において、故人が連帯保証人になっている場合には、やはりその借金も相続の対象になることから、思わぬ債務を抱えることになるという人の存在もクローズアップされるケースもあります。特に連帯保証人になる場合については、しっかりとした意識をした上で、契約を結ばない限りは、トラブルが発生すると思っておいた方がいいともいわれています。連帯保証人になるということは、本人と同様に支払い義務を負うことになることを十分に認識する必要があります。残された人に迷惑をかけないためにも重要であります。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

pickup

最終更新日:2017/12/25

トップへ